日下小学校で、環境教育出前講座を行いました。

こどもり祭りの準備に追われていた11月の半ば頃に、事務所近くの日下小学校の4年1組の五味先生から、「学校に40本ほど植えてある樹木に付ける樹木標を作りたいのですが、こどもりクラブさんに何かお手伝いしていただくことはできますか?」とご連絡を頂きました。
丁度大工さんが加工してくれていた木っ端で、使途を考えていたものがあったので、それをご提供いたしました。 

せっかくなので、ただ木っ端を提供するだけでなく、子どもたちに木や森の働きや、木を使っていくことの大切さなどを学んでもらいたいね!ということで、環境教育出前講座をさせていただくことにしました。 
その後で、樹木標として使ってもらう木っ端の種類(杉)や、木の特徴などを紹介しました。 
最後に、昨年から行っている「被災地に積み木を磨いて贈ろう!」にも参加してもらって、積み木磨きをしてもらいました。 
みんな、積み木を磨く前と後の手触りの違いや木の香りなどを楽しみながら、一生懸命に磨いてくれました。 
途中教室をのぞきに来られた校長先生も、参加して下さいました。 

この環境教育出前講座は、今年は、上大岡小学校6-2組、港南台にこにこクラブ(学童)、日下小学校4-1組と3回開催させていただきましたが、これからも続けていきますので、ご希望の方は、横浜市環境創造局の方からお申し込みください。
よろしくお願いいたします。 
※開催は来年度になります。ご了承ください。 

by Rich

 

カテゴリー: イベント情報 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です