本牧南小学校に環境授業に行ってきました。

先日、横浜市立本牧南小学校に行って来ました。今回は、夏休みに「種まきノート」をやってくれた2年生に、『環境授業』と『種まきノートをする意味』をお話させてもらいました。 環境授業 環境授業では、木の働きや年輪についてクイズや手作りの資料を使いながらお話しをしました。クイズには、みんな積極的に参加してくれました。 年輪 実際に3種類の木の年輪を使って、木の種類による年輪の違いや匂いの違いを観察してもらったり、 ゆらゆら板 『ゆらゆら板』の体験では、なかなか思うようにバランスがとれずにみんなスタッフの手にしがみついていましたが、「楽しかった~」とか、「種まきノートをみんなで頑張ってやって、ぜひ『ゆらゆら板』をゲットしたい!」などの感想が聞け、冬の種まきノートは夏よりも、もっとがんばって取り組んでくれると約束してくれました。 木に触れることで身近に木を感じてもらい、「どうして?」と色々なことに疑問や関心を持ってもらえたら、私たちの活動も一歩前進できるかな…、と思っています。これからも、もっといろいろな学校に行って子どもたちと環境のことや木のことを話していけたら良いなと思っています! by moo~さん
カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です